ランクル

【実話 体験】下取り220万のH28年式プラドを470万円で売った話

更新日:

もくじ

① プラドの車両詳細

② どこで、どうやって売ったのか?

③ かかった費用は?

④ この売り方が最強の理由

⑤ 買取相場(業者オークション相場)を調べます

⑥ 一般個人の方でも業者オークションに加盟しちゃおう

 

 

 

① プラドの詳細

◆平成28年式4月登録 TX Lパッケージ 7人乗り

型式:TRJ150W(ガソリン) 150系中期モデル

色:パールホワイト  走行:57,600キロ

外装:かなりキレイ(4.5点) 内装:かなりキレイ(B)

社外ナビテレビ、純正アルミ、ベージュレザーシート

バックカメラ、LEDヘッド、ルーフレール、サンルーフ

クリアランスソナー、ETC

 

新車販売価格:3,956,727円(税込み)

(リサイクル料14,140円、オプション料金無しの当時の車両本体価格)

売却価格:4,700,140円(税込み、リサイクル込み)

(3月売却だったので、自動車税還付は無し)

 

 

 

② どこでどうやって売ったの?

業者オークションで売りました。

くるマックスが最近スタートしました、

「業者オークション出品代行サービス」でご売却頂きました。

 

HAA神戸(USSグループ)へ出品しました。

 

広島県の佐々木さん(仮名)でしたので、

最寄りで、最大のオークション会場 → HAA神戸に出品

 

転勤をするので車を手放すことになりました。

ディーラー下取り金額

な、なんと・・・

いくらだと思いますか?当ててみてください。

220万円!!!!

ぼ、ぼったくりとか、そのレベルちゃう・・

 

そして、ウェブの査定サービスを利用します。

だいたい、200万後半くらい・・

だったそうです。

 

ちょっと安すぎですが、これには業者さんなりの理由はあります。

プラドはちょっと相場が難しいんです。

私自身も、最低300万以上は確実に値段が付くと思っていましたが、

400万を超えるとまでは思っていませんでした。

相場の変動が激しい車の場合、買取や下取りする側としては怖いため、

ある程度余裕をもった安い値段を提示しませんとリスクがあります。

なので、そこまで責められません。

 

ただ、こういった相場が読みずらい車ほど、

オークション出品が一番だという事はある程度ご理解頂けたら幸いです。

 

 

 

③ かかった費用は?

売却価格:4,700,140円(税込み、リサイクル込み)

ここから、以下をマイナスします。

オークション出品料&成約料:29,700円(税込み)私は間接会員なので少し高い

陸送代:33,000円(税込み)広島市内~HAA神戸

当方手数料:44,000円(税込み) 手数料は最大でも44,000円です。

費用合計: 106,700円

 

4,700,140円  -   106,700円  =  4,593,440円

お振込み金額: 4,593,440円

今回は3月成約なので、自動車税還付は無し

 

たまにあるご質問(消費税について)

 

 

 

 

④ この売り方が最強の理由

オークション出品は多くの車の場合、最強の売却先になります。

当然ですよね?

業者オークションって、業者さんが出品する場所です。

一番高く売れる場所であるからこそ業者さんが利用します

買取や下取りした車 → 業者オークションに出品

その繰り返し

 

オークション相場以上の金額で買う意味がありません

買取会社やディーラーさんが仕入れた車を、

別の同業者さんに買取してもらうはずが無いですよね?

(すでにオーダーが確定しているお客さんがいる場合の業販はあります)

 

 

買取下取りした車 → ほとんどを業者オークションに出品します。

なんでか?

① 運転資金の問題

② 置き場所の問題

③ 扱いに不慣れな車の場合

④ 単に在庫として売るのがめんどくさい

⑤ 安く買取した車をお店に並べるのが気まずい

などなど

 

キレイな車は一定期間在庫 → 売れなければオークション出品

というケースももちろんあります。

ただ原則は、オークション相場よりも可能な限り安く買うのが仕事です。

 

でも、こんなに高く売れて良いサービスなのに、

なんで流行ってないのか?

 

一番の要因は、

消費者にとって理解しにくいから

だと思います

 

買取会社の方が高いんじゃないか?

大手買取店の方が高いんじゃないか?

輸出屋さんの方が高いんじゃないか?

などなど、とにかくわかりにくい。

広告表現が、

「高価買取!」「買取専門!」

「一括査定で比べて最高額で売る!」

だと分かりやすいですよね。

 

ちなみに、車買取店のラビットさんはUSSの子会社で、

買取車両のほとんどをUSSに出品しています。

だったら、

USS等の業者オークションに直接出品すればよいという理屈です。

 

今は、Youtube等で個人が情報発信を多数の方へできるようになり、

しっかり視聴して頂ける土壌もできたのもあり、詳細な説明ができます。

つまり、お客様には面倒かもしれないですが、

説明をしっかり聞いて頂き、理解をして頂ければ、

メリットが大きいという事を訴求できます。

 

例えば、僕の様な絵画への造詣が浅い素人であれば、

・本物の名作の絵

・アマチュアの絵がうまい方が書いた絵

この違いは解りません。

ですが、しっかりどういう基準で良し悪しを判断するのか、

しっかり理屈を理解すれば、見極められる、という事と同じに思います。

 

ネットの売却は一括査定サイトが今も主流ですが、

デメリットがかなりあります。

・電話が殺到する

・結局値段を教えてくれない

・すごい営業される

・時間、労力がかかる

・本当に高く売れたのかどうかが結局解らず不完全燃焼

(もちろんメリットもあります)

 

そこで、2016年くらいから

オークション出品のサービスが誕生しています。

 

自宅に居ながら、車をオークションにかけれる

(ヤフオクではないです)

 

画期的でとても良いサービスだと思います。

最大のメリットは、

安く買いたたかれたりする事が無い点ですね。

 

ただ、やはりデメリットがあります。

・落札料が高い → 買取価格にしわ寄せが来る

・加盟店が現車確認ができない → 入札金額を躊躇する

 

この点を補うために、

独自で出品代行サービスをスタートしました。

 

◆くるマックス業者オークション出品代行サービスのデメリット

・車をオークションまで運ぶ(陸送する)必要がある

・ローンが残ってる車は先に完済しないとダメ

・クレーム期間がある(重大な故障等が発生した場合)

 

◆くるマックス業者オークション出品代行サービスのメリット

・入札する業者数がめちゃめちゃ多い(世界中)

・業者さんが現車確認できるので思い切った入札ができる

・営業されない、交渉されない、めんどくさくない

・価格の透明性がある、証明もできる、ごまかしが無い

落札金額や各種費用の裏付けを取って頂く事ができます。

 

ここ最近の事例 5台

・ベンツCクラス H28年式 ディーラーさん下取り 200万

⇒ 2,481,070円+自動車税残り(お振込み金額)

 

・ロードスター H21年式 特に他社査定は受けておらず

⇒  1,789,230円+自動車税残り(お振込み金額)

 

・アルファード H28年式 輸出業者さん買取 320万

⇒  3,446,350円+自動車税残り(お振込み金額)

 

・デリカD5 H25年式 買取屋さん 70万

⇒  706,280円+自動車税残り(お振込み金額)

 

・レクサスLS H20年式 特に他社査定は受けておらず

⇒  749,290円(お振込み金額) 抹消車なので自動車税残りは無し

 

 

その他、アンケートを取りました

売却金額 ⇒ その後オークションで落札された金額

 

15名様(15台)にご協力を頂きました結果

オークション売却 8台

 ⇒ すべて買取価格よりも高く落札されていました(諸経費も引いた金額で)

在庫販売 5台

不明 2台

 

 

 

⑤⑥ まずは買取相場をお調べします

恐れ入りますが、

概要欄のメール講座(メルマガ)への登録をお願い致します。

メルマガ登録した次の日の17時に、「買取相場調べんますメール」が届きます。

以前、皆様どなたでも買取相場(オークション相場)をお教えさせて頂いていたのですが、問い合わせが多く手に負えなくなってしまいまして、申し訳ありませんがメルマガ登録頂いた方のみ対応させて頂きます。どうかご容赦くださいm_ _m

 

※ 落札代行につきましては、現状行っておりません。

 

メール講座(メルマガ)は、

業者オークションに加盟しましょう!

という内容になっています。

多少のハードルはありますが、入会金、月会費無料で

日本全国のオークション会場から落札、出品が可能です。

不要でありましたらメルマガ解除してください。

 

-ランクル

Copyright© タカカツ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.